スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CentOS 6.6がリリースされたそうな

10/28にCentOS 6.6がリリースされてたそうな。
CentOS 6.6 リリースノート


・・・余談だが、アップデートしたらWineでインストールしてた一部のエロゲームが起動しなくなったぜ。HAHAHA。
スポンサーサイト


テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

CentOS7がリリースされたそうな

7/7にCentOS7がリリースしてた。・・・が自分には関係ない。
なぜなら64bit版しか出ていないから。
一応32bit版も後日リリース予定だが、そもそも本家のRHEL7が対応してないのだから
あまり過度な期待をするようなものでもない。GNOME3だし。
まあさすがにCentOS6のサポート期間が切れる頃にはパソコンが壊れてるだろうから
しばらくはそのままにしておこうと思う。


テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

【Linux】Conkyを入れてみた

CentOSにシステム情報をデスクトップに表示するConkyというソフトを入れてみた。
ちなみにインストール(EPELリポジトリにある)しただけでは何も起こらない。
試しに端末で「conky」と入力して起動すると、デスクトップの左上にこんなのが表示される。
Conky1

ただ左上にあると邪魔だし、表示が妙にチラつくし、背景をクリックしたら消えるので
このままだと正直使いものにならない。
そこでホームに「.conkyrc」という設定ファイルを作って設定しなおす必要がある。
デフォの設定ファイル「/etc/conky/confy.conf」からコピーして後は自力で設定してみる。

コピーしたファイルの中身を見るとTEXTという記述が見つかる。
TEXTより上が表示形式の設定、下が実際に表示する情報の設定になる。
例えばTEXTより上に以下を記入する。
alignment top_right
double_buffer yes
own_window yes
own_window_transparent yes
own_window_type override

すると右上表示やチラつき防止にウィンドウの透過、さらに背景をクリックしても消えなくなる。
(設定に使うパラメータについてはここここに書いてある。)

そして色々いじった結果こうなった。
Conky2

てかFirefoxのメモリの食いっぷりはやべえな。

表示の設定が終わったら今度はログイン時にConkyが自動起動するよう設定する。
「システム」→「設定」→「自動起動するアプリ」から追加する。
ただデスクトップの表示より早く起動するとConkyがうまく表示してくれないので
コマンドを「conky -p 15」にして15秒ほど遅延起動させる。

まあ壁紙変えるごとに色の調整がいるがだいぶ便利になった。


テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

【CentOS】起動時に自動ログインする

備忘録。
デスクトップ用途で自分一人しか使っていないので毎回起動時にログインするのが面倒くさい。
セキュリティ的にはリスクがあるものの、自動的にログインするようにした。

管理者権限で/etc/gdm/custom.confを編集する。
[daemon]の下に以下の三行を追加する。
TimedLoginEnable=true
TimedLogin=ユーザー名
TimedLoginDelay=1

※ユーザー名にはログインするユーザー名を入力する。
上から自動ログインの有効、ログインするユーザー名、自動ログインまでの時間を意味する。

これで起動時に自動ログインされる…のだが、
無線でネット接続してるとキーリングのロック解除とかで結局パスワードを求められる場合がある。
これでは意味が無いので以下の設定でパスワードの入力を省略する。

システム→設定→ネットワーク接続をクリックして利用しているネットワーク接続を編集する。
「すべてのユーザーに利用可能」にチェックすればログイン後にパスワードを求められなくなる。


テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

Linuxを入れてから一ヶ月の歳月が流れた…

サブPCにLinux(CentOS)を入れてから一ヶ月が経った。
ネット出来て、音楽が聞けて、ついでにエロゲWindows用ゲームが出来れば充分だったので
以下のソフトを入れたらそれなりに落ち着いた。

Firefox:デフォのブラウザ。XPの環境を移植したので楽に移行できた。問題はFlashのサポートか。
Thunderbird:メーラー。こちらもXPの時から使ってたので導入。
JD:2chブラウザ。可もなく不可もなく。
Audacious:音楽プレイヤー。mp3の再生も可。
SMPlayer:動画プレイヤー。動画に関してはこれかVLC入れとけば問題ないと思う。
ntfs-3g:NTFSでの読み書きを可能にするソフト。NTFS自体ブラックボックスなので過信は禁物。
Wine:Windows用ソフトを動作させるソフト。バルドスカイDiveXが結構動いたことには驚いた。

まあ細かいことはWindowsでやればいいし、サブPCならこの程度の環境で満足。


テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

カテゴリ
最新記事
アーカイブ
最新コメント
検索フォーム

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報
プロフィール

しらしら

Author:しらしら
購入予定アニメ
なし

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。