スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【CentOS】Nautilusで管理者として開く

備忘録。
一般ユーザーだとNautilusでは管理者権限が必要なファイルの編集が出来ない。
そんなわけでbeesuを使って、Nautilusで管理者として開けるようにする。

1.beesuをインストールする。(EPELリポジトリを有効にしていればインストール出来る。)
2.「~/.gnome2/nautilus-scripts」に移動する。
3.「管理者として開く」という名のファイルを作成し、以下の内容で保存する。
#!/bin/sh
beesu gvfs-open $NAUTILUS_SCRIPT_SELECTED_FILE_PATHS
 ちなみにgvfs-openは関連付けられたソフトで開くコマンド。
 $NAUTILUS_SCRIPT_SELECTED_FILE_PATHSは選択されたファイルのパス。
4.chmod +xコマンドで実行属性を付加する。
またはファイルを右クリック→プロパティ→アクセス権→プログラムとして実行できるにチェックする。

これでファイルを右クリックするとスクリプト→管理者として開くという項目が追加されるので実行する。

…で問題ないはずなんだが、
自分の環境ではパスワードは求められるけどそこから先は何も起こらない。
試しに端末でaというテキストファイルを開こうとしたら…
$ beesu gvfs-open a

$ No protocol specified
(gedit:xxxxx): Gtk-WARNING **: cannot open display: :0.0

んじゃこりゃ。エラーを検索したら、GUI描写に必要なXサーバにアクセスできてないっぽい?
xhostコマンドでアクセス権を持ってるか確認する。
$ xhost
access control enabled, only authorized clients can connect
SI:localuser:ユーザー名

自分の場合、ログインしているユーザーに許可は与えられているが
rootには許可が与えられていなかったので以下のコマンドを実行。
$ xhost +SI:localuser:root
localuser:root being added to access control list

もっかいxhostコマンドで確認。
$ xhost
access control enabled, only authorized clients can connect
SI:localuser:root
SI:localuser:ユーザー名

これでrootにもXサーバへのアクセス権が与えられた。

再度スクリプトを実行したら無事に管理者権限で開いた。よかったよかった。
スポンサーサイト


テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

GJ部りぴーとでぃすくときんモザ続編

GJ部りぴーとでぃすく到着~。
GJ部

これで連休の予定が全部埋まった。

そしてきんモザの続編が決定したぜヒャッハー。
続編という言い方だからOVAだろうけど、GJ部@みたいに2話分くらいは作って欲しいな。


テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Linuxのディレクトリ構造

備忘録。
なかなかLinuxのディレクトリ構造を覚えられない。
ということでメモメモφ(.. )

ディレクトリ構造内容
/ルートディレクトリ
/bin基本コマンドの実行ファイル
/boot起動に必要なファイル
/devデバイスの制御に必要なファイル
/etcシステムの設定ファイル
/home一般ユーザのホームディレクトリ
/lib/binや/sbinのコマンドに必要な共有ライブラリ
/mediaCDやDVD等のリムーバブルメディアのマウントポイント
/mntUSBメモリ等の一時的なマウントポイント
/opt適当なアプリケーション
/procプロセス情報を仮想的なファイルにしたもの
/rootrootユーザのホームディレクトリ
/sbinシステム管理用コマンドの実行ファイル
/tmp一時ファイル
/usrユーザーが共有する色々なファイル
/usr/bin/binほど重要ではないコマンドの実行ファイル
/usr/includeヘッダファイル
/usr/libusr/bin/や/usr/sbin/のコマンドに必要な共有ライブラリ
/usr/local/usrのようにbin、lib、share等のディレクトリを持ったローカルデータ
/usr/sbin/sbinほど重要ではないシステム管理用コマンドの実行ファイル
/usr/shareアーキテクチャに依存しない共有データ
/usr/srcカーネルのソースコードとそのヘッダファイル
/var日々の動作により変化するファイル


テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

【Linux】CentOS6に2chブラウザJDをインストールする

備忘録。
CentOS6入れてからFirefoxの設定もあらかた終わったので
ボチボチソフトをインストールしていくかと思って
まず思い浮かんだのが2chブラウザ。
そこでJDという2chブラウザを入れようと思ったらリポジトリにないではないか。
仕方ないのでビルドすることにした。

まずJDのソースからjd-2.8.7-140104.tgz(2014/3/12現在)をダウンロードする。
次にwikiを参考にyum install libSM-develまでやっておく。

このままだとrmpファイルは出来てもインストールでエラーを吐くので
tgzファイルの中にあるjd.specを編集する。
以下の2行を探して削除する。
27行目:%define         fontpackage   fonts-japanese
65行目:Requires:       %{fontpackage}

後はwiki通りにrpmbuildして出来たrmpファイルをインストールすれば完了。
アプリケーション→インターネット→JDから起動する。


テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

【Linux】CentOSにリポジトリ(EPEL)を追加する

備忘録。
CentOSでのソフトのインストールは、主にyumというパッケージ管理システムを通じて行われる。
その際インストールに必要なファイルは、リポジトリというパッケージが入った貯蔵庫からダウンロードしている。
つまり標準リポジトリにないパッケージはyumでインストールできないことになる。

そんなわけで今回はCentOS6にEPELという外部のリポジトリを追加する。

まずは以下のURLからrpmファイルをダウンロードする。
CentOS6 32bit版:http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/i386/epel-release-6-8.noarch.rpm
CentOS6 64bit版:http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm

CUIの場合は以下のコマンドでダウンロード
CentOS6 32bit版:
# wget http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/i386/epel-release-6-8.noarch.rpm
CentOS6 64bit版:
# wget http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm

ダウンロードしたファイルをダブルクリックするとリポジトリが追加される。
CUIの場合は以下のコマンドで(略)
# rpm -Uvh epel-release-6-8.noarch.rpm

後は/etc/yum.repos.d/epel.repoを開いて[epel]の所がenabled=1になってるか確認する。

さらにどのリポジトリを優先的に利用するか設定する為に、yum-prioritiesをインストールしてから
標準リポジトリ(/etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo)にpriority=1を追加して優先順位を上げておくと吉。

GUIでも十分いけるな…と思えるくらい便利になっててビックリした。


テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

【Linux】XP機にCentOS6.5をインストールしてみた(その3)

CentOSのインストール作業が終わったら、
最初の起動時にセットアップが開始される。

1.ようこそ画面が出るので進む。
CentOS22

2.ライセンス同意書に同意する。
CentOS23

3.ユーザー名とパスワードを設定する。フルネームは省略可。
CentOS24

4.日付と時刻の設定をする。「ネットワーク上で日付と時刻を同期化します」にチェック。
CentOS25

5.Kdumpの設定だが、メインメモリが少ないと設定できない。
CentOS26

ここはスルーして「終了」をクリックするとインストール完了。
CentOS27

これで3で設定したユーザーでログインできる。
(基本的にrootでログインしないようにする。)

後はBIOSのブート設定を戻せば完了かな。

軽く触ってみたけど、やっぱCUIでの操作がところどころ必要になってくるな・・・
でもGUIだけで簡単に無線でネットにつながったし、なんとかなりそうな気もする。
出来るだけGUI操作で済ませられるよう頑張ろう。(頑張るベクトルが違う)


テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

【Linux】XP機にCentOS6.5をインストールしてみた(その2)

CentOSをインストールする。

1.インストールDVDを入れた状態でDVDブートする。
※BIOSでCD/DVDからブートするよう設定する。
起動したらメニューが出るので一番上を選んでENTERキーを押す。
CentOS1

2.メディアチェックするか聞かれる。ディスクに問題が無いならSkipでいい。ここではSkipする。
CentOS2

3.インストール画面になる。マウスが使えるので「NEXT」をクリック。
CentOS3

4.インストール作業で使う言語を選択する。日本語を選択。
CentOS4

5.キーボードの種類を選択する。日本語を選択。
CentOS5

6.インストールするストレージデバイスの選択。普通はローカルストレージなので上を選択。
CentOS6

7.ホスト名を指定する。ネットワークの設定はインストール後にする。
CentOS7

8.使用するタイムゾーンを選択する。「システムクロックで UTC を使用」のチェックは外す。
CentOS8

9.rootのパスワードを入力する。使用頻度が高いので忘れないようにする。
CentOS9

10.どのパーティションにインストールするか決める。間違えたらデータが吹っ飛ぶ鬼門その1。
ここでは以下の3つのパーティションを作る。
「/boot」・・・起動に必要なファイルを置くパーティション。
「swap領域」・・・Windowsでいうところの仮想メモリ用パーティション。
「/」・・・その他システムに必要なファイルを置くパーティション。

「カスタムレイアウトを作成する」を選択する。
CentOS10

11.空きを選択して作成をクリック。
CentOS11

12.標準パーティションを選択して作成をクリック。
CentOS12

13.「/boot」を作る。
マウントポイント: /boot
ファイルシステム: ext4
サイズ(MB): 200~300MBくらい
CentOS13

13.同様に「swap領域」、「/」を作る。
マウントポイント: -
ファイルシステム: swap
サイズ(MB): メインメモリの1~2倍くらい
CentOS14

マウントポイント: /
ファイルシステム: ext4
追加容量オプションで「最大許容量まで使用」にチェック
CentOS15

14.問題がないことを確認して「次」をクリックする。
「swap領域」、「/」は拡張領域内でもいける。
CentOS16

15.「変更をディスクに書き込む」をクリックする。
CentOS17

16.ブートローダーのインストール設定をする。間違えたら起動できなくなる鬼門その2。
デフォではブートローダーをMBRにインストールすることになるがそのままにする。
リストではメインとなるOSをデフォルトにする。
CentOS18

17.ソフトウェアの設定をする。
デスクトップ用途なので無難にDesktopを選択する。
カスタマイズは後でも出来るので、ここでは「後でカスタマイズ」にする。
CentOS19

18.インストールが始まるので待つ。
CentOS20

19.インストールが完了する。
ここでディスクを取り出してから再起動をクリック。
CentOS21

再起動後はユーザーアカウントの作成を行う。
その3へ続く


テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

【Linux】XP機にCentOS6.5をインストールしてみた(その1)

古いパソコンにLinuxを入れたいと思う。
ちなみにスペックはOSがXP、CPUがPentiumM 1.2GHz、メモリが1GB、HDDが160GB程度。
今回はXP+Linuxでデュアルブートさせる予定。

どのディストリビューションを入れるか少し悩んでいたが
軽さよりサポート期間を優先してCentOSを入れることにした。
しかしインストールする前に下準備としてやらなくてはいけないことが結構ある。

1.CentOSの入手
ここの「CD and DVD ISO Images」のi386(32bit版)かx86_64(64bit版)を
クリックすると出てくるミラーサイトからダウンロードする。
自分の場合はCentOS 6.5で32bit版なので「CentOS-6.5-i386-bin-DVD1.iso」と
「CentOS-6.5-i386-bin-DVD2.iso」をダウンロードした。
ダウンロードしたISOファイルは書き込みソフトでDVDに焼く。

2.パーティションを分ける。
やり方は割愛するとして、自分は以下のようになった。
基本パーティションは最大4つしか作れないので2つ以内にしておく。

3.リカバリーディスクを準備する。
全てが吹き飛んだときの為に。バックアップも忘れずに。
ちなみに自分も以前やらかした。

下準備が終わったらインストール作業に入る。

その2へ続く


テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

Linuxを入れる前に確認すること

サブパソコンがXP機なのでLinuxでも入れて延命させたいと思う。
しかし最近のLinuxではCPUがPAE(物理アドレス拡張)に対応していないと
インストールできないものもあるらしい。

そしてWikiでPAEについて調べたら以下のような一文が。
一部のPentium MやVIA C3などのプロセッサにおいてはPAEに対応しない製品もある。

・・・サブ機もPenMだったorz

まあどちらにせよ古いパソコンの場合は、まずCPUがPAEに対応しているかを調べなければならない。
今回はWindowsで調べるのでCoreinfoというCPU情報を出力するツールを使用することにする。

まずはCoreinfoをダウンロードする。
解凍したら中に入っているCoreinfo.exeをコマンドプロンプトで実行する。
(ファイルをコマンドプロンプトにドラッグしてエンターが楽)
するとCPU情報が出力される。
出力結果

出力結果のPAEのところに*があればセーフ。
どうやらサブ機の方もPAEに対応していることが分かった。
よかったよかった。
ちなみにEM64Tに*があれば64bitのOSを入れることが出来る。

次の問題はどのディストリビューションを入れるか・・・か。
候補は一度入れたことのあるUbuntuかCentOSあたりかな。


テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

きんモザマラソン終了

遅くなったがきんモザ6巻が届いた。
きんモザ6巻

ちなみに原画集入れちゃってるから収納BOXに入らないけどまあいいや。

しかし数少ない生きがいが無くなってしまって悲しい。
今期アニメは未確認が好きだけど、早期予約特典逃した時点で買う気失せたので特に買うものがない。。。
とりあえず今月はGJ部とおねてぃ特別編を買おう。

全く関係ないが、OSがXPのサブパソコンをどうしようか困ってる。
暇な時にでもLinuxでも入れてみようかな。
でもLinuxにもいろいろ種類があるし、古いノーパソだから動いてくれるか不安だったりする。。。


テーマ : きんいろモザイク
ジャンル : アニメ・コミック

カテゴリ
最新記事
アーカイブ
最新コメント
検索フォーム

カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報
プロフィール

しらしら

Author:しらしら
購入予定アニメ
なし

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。