スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Linuxを入れる前に確認すること

サブパソコンがXP機なのでLinuxでも入れて延命させたいと思う。
しかし最近のLinuxではCPUがPAE(物理アドレス拡張)に対応していないと
インストールできないものもあるらしい。

そしてWikiでPAEについて調べたら以下のような一文が。
一部のPentium MやVIA C3などのプロセッサにおいてはPAEに対応しない製品もある。

・・・サブ機もPenMだったorz

まあどちらにせよ古いパソコンの場合は、まずCPUがPAEに対応しているかを調べなければならない。
今回はWindowsで調べるのでCoreinfoというCPU情報を出力するツールを使用することにする。

まずはCoreinfoをダウンロードする。
解凍したら中に入っているCoreinfo.exeをコマンドプロンプトで実行する。
(ファイルをコマンドプロンプトにドラッグしてエンターが楽)
するとCPU情報が出力される。
出力結果

出力結果のPAEのところに*があればセーフ。
どうやらサブ機の方もPAEに対応していることが分かった。
よかったよかった。
ちなみにEM64Tに*があれば64bitのOSを入れることが出来る。

次の問題はどのディストリビューションを入れるか・・・か。
候補は一度入れたことのあるUbuntuかCentOSあたりかな。
スポンサーサイト


テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

カテゴリ
最新記事
アーカイブ
最新コメント
検索フォーム

カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報
プロフィール

Author:しらしら
購入予定アニメ
なし

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。