スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Linux】CentOSにリポジトリ(EPEL)を追加する

備忘録。
CentOSでのソフトのインストールは、主にyumというパッケージ管理システムを通じて行われる。
その際インストールに必要なファイルは、リポジトリというパッケージが入った貯蔵庫からダウンロードしている。
つまり標準リポジトリにないパッケージはyumでインストールできないことになる。

そんなわけで今回はCentOS6にEPELという外部のリポジトリを追加する。

まずは以下のURLからrpmファイルをダウンロードする。
CentOS6 32bit版:http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/i386/epel-release-6-8.noarch.rpm
CentOS6 64bit版:http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm

CUIの場合は以下のコマンドでダウンロード
CentOS6 32bit版:
# wget http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/i386/epel-release-6-8.noarch.rpm
CentOS6 64bit版:
# wget http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm

ダウンロードしたファイルをダブルクリックするとリポジトリが追加される。
CUIの場合は以下のコマンドで(略)
# rpm -Uvh epel-release-6-8.noarch.rpm

後は/etc/yum.repos.d/epel.repoを開いて[epel]の所がenabled=1になってるか確認する。

さらにどのリポジトリを優先的に利用するか設定する為に、yum-prioritiesをインストールしてから
標準リポジトリ(/etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo)にpriority=1を追加して優先順位を上げておくと吉。

GUIでも十分いけるな…と思えるくらい便利になっててビックリした。


テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

カテゴリ
最新記事
アーカイブ
最新コメント
検索フォーム

カレンダー
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報
プロフィール

Author:しらしら
購入予定アニメ
なし

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。