スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Linuxのディレクトリ構造

備忘録。
なかなかLinuxのディレクトリ構造を覚えられない。
ということでメモメモφ(.. )

ディレクトリ構造内容
/ルートディレクトリ
/bin基本コマンドの実行ファイル
/boot起動に必要なファイル
/devデバイスの制御に必要なファイル
/etcシステムの設定ファイル
/home一般ユーザのホームディレクトリ
/lib/binや/sbinのコマンドに必要な共有ライブラリ
/mediaCDやDVD等のリムーバブルメディアのマウントポイント
/mntUSBメモリ等の一時的なマウントポイント
/opt適当なアプリケーション
/procプロセス情報を仮想的なファイルにしたもの
/rootrootユーザのホームディレクトリ
/sbinシステム管理用コマンドの実行ファイル
/tmp一時ファイル
/usrユーザーが共有する色々なファイル
/usr/bin/binほど重要ではないコマンドの実行ファイル
/usr/includeヘッダファイル
/usr/libusr/bin/や/usr/sbin/のコマンドに必要な共有ライブラリ
/usr/local/usrのようにbin、lib、share等のディレクトリを持ったローカルデータ
/usr/sbin/sbinほど重要ではないシステム管理用コマンドの実行ファイル
/usr/shareアーキテクチャに依存しない共有データ
/usr/srcカーネルのソースコードとそのヘッダファイル
/var日々の動作により変化するファイル


テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

カテゴリ
最新記事
アーカイブ
最新コメント
検索フォーム

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報
プロフィール

しらしら

Author:しらしら
購入予定アニメ
なし

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。