スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【CentOS】Nautilusで管理者として開く

備忘録。
一般ユーザーだとNautilusでは管理者権限が必要なファイルの編集が出来ない。
そんなわけでbeesuを使って、Nautilusで管理者として開けるようにする。

1.beesuをインストールする。(EPELリポジトリを有効にしていればインストール出来る。)
2.「~/.gnome2/nautilus-scripts」に移動する。
3.「管理者として開く」という名のファイルを作成し、以下の内容で保存する。
#!/bin/sh
beesu gvfs-open $NAUTILUS_SCRIPT_SELECTED_FILE_PATHS
 ちなみにgvfs-openは関連付けられたソフトで開くコマンド。
 $NAUTILUS_SCRIPT_SELECTED_FILE_PATHSは選択されたファイルのパス。
4.chmod +xコマンドで実行属性を付加する。
またはファイルを右クリック→プロパティ→アクセス権→プログラムとして実行できるにチェックする。

これでファイルを右クリックするとスクリプト→管理者として開くという項目が追加されるので実行する。

…で問題ないはずなんだが、
自分の環境ではパスワードは求められるけどそこから先は何も起こらない。
試しに端末でaというテキストファイルを開こうとしたら…
$ beesu gvfs-open a

$ No protocol specified
(gedit:xxxxx): Gtk-WARNING **: cannot open display: :0.0

んじゃこりゃ。エラーを検索したら、GUI描写に必要なXサーバにアクセスできてないっぽい?
xhostコマンドでアクセス権を持ってるか確認する。
$ xhost
access control enabled, only authorized clients can connect
SI:localuser:ユーザー名

自分の場合、ログインしているユーザーに許可は与えられているが
rootには許可が与えられていなかったので以下のコマンドを実行。
$ xhost +SI:localuser:root
localuser:root being added to access control list

もっかいxhostコマンドで確認。
$ xhost
access control enabled, only authorized clients can connect
SI:localuser:root
SI:localuser:ユーザー名

これでrootにもXサーバへのアクセス権が与えられた。

再度スクリプトを実行したら無事に管理者権限で開いた。よかったよかった。


テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

Linuxのディレクトリ構造

備忘録。
なかなかLinuxのディレクトリ構造を覚えられない。
ということでメモメモφ(.. )

ディレクトリ構造内容
/ルートディレクトリ
/bin基本コマンドの実行ファイル
/boot起動に必要なファイル
/devデバイスの制御に必要なファイル
/etcシステムの設定ファイル
/home一般ユーザのホームディレクトリ
/lib/binや/sbinのコマンドに必要な共有ライブラリ
/mediaCDやDVD等のリムーバブルメディアのマウントポイント
/mntUSBメモリ等の一時的なマウントポイント
/opt適当なアプリケーション
/procプロセス情報を仮想的なファイルにしたもの
/rootrootユーザのホームディレクトリ
/sbinシステム管理用コマンドの実行ファイル
/tmp一時ファイル
/usrユーザーが共有する色々なファイル
/usr/bin/binほど重要ではないコマンドの実行ファイル
/usr/includeヘッダファイル
/usr/libusr/bin/や/usr/sbin/のコマンドに必要な共有ライブラリ
/usr/local/usrのようにbin、lib、share等のディレクトリを持ったローカルデータ
/usr/sbin/sbinほど重要ではないシステム管理用コマンドの実行ファイル
/usr/shareアーキテクチャに依存しない共有データ
/usr/srcカーネルのソースコードとそのヘッダファイル
/var日々の動作により変化するファイル


テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

【Linux】CentOS6に2chブラウザJDをインストールする

備忘録。
CentOS6入れてからFirefoxの設定もあらかた終わったので
ボチボチソフトをインストールしていくかと思って
まず思い浮かんだのが2chブラウザ。
そこでJDという2chブラウザを入れようと思ったらリポジトリにないではないか。
仕方ないのでビルドすることにした。

まずJDのソースからjd-2.8.7-140104.tgz(2014/3/12現在)をダウンロードする。
次にwikiを参考にyum install libSM-develまでやっておく。

このままだとrmpファイルは出来てもインストールでエラーを吐くので
tgzファイルの中にあるjd.specを編集する。
以下の2行を探して削除する。
27行目:%define         fontpackage   fonts-japanese
65行目:Requires:       %{fontpackage}

後はwiki通りにrpmbuildして出来たrmpファイルをインストールすれば完了。
アプリケーション→インターネット→JDから起動する。


テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

【Linux】CentOSにリポジトリ(EPEL)を追加する

備忘録。
CentOSでのソフトのインストールは、主にyumというパッケージ管理システムを通じて行われる。
その際インストールに必要なファイルは、リポジトリというパッケージが入った貯蔵庫からダウンロードしている。
つまり標準リポジトリにないパッケージはyumでインストールできないことになる。

そんなわけで今回はCentOS6にEPELという外部のリポジトリを追加する。

まずは以下のURLからrpmファイルをダウンロードする。
CentOS6 32bit版:http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/i386/epel-release-6-8.noarch.rpm
CentOS6 64bit版:http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm

CUIの場合は以下のコマンドでダウンロード
CentOS6 32bit版:
# wget http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/i386/epel-release-6-8.noarch.rpm
CentOS6 64bit版:
# wget http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm

ダウンロードしたファイルをダブルクリックするとリポジトリが追加される。
CUIの場合は以下のコマンドで(略)
# rpm -Uvh epel-release-6-8.noarch.rpm

後は/etc/yum.repos.d/epel.repoを開いて[epel]の所がenabled=1になってるか確認する。

さらにどのリポジトリを優先的に利用するか設定する為に、yum-prioritiesをインストールしてから
標準リポジトリ(/etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo)にpriority=1を追加して優先順位を上げておくと吉。

GUIでも十分いけるな…と思えるくらい便利になっててビックリした。


テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

【Linux】XP機にCentOS6.5をインストールしてみた(その3)

CentOSのインストール作業が終わったら、
最初の起動時にセットアップが開始される。

1.ようこそ画面が出るので進む。
CentOS22

2.ライセンス同意書に同意する。
CentOS23

3.ユーザー名とパスワードを設定する。フルネームは省略可。
CentOS24

4.日付と時刻の設定をする。「ネットワーク上で日付と時刻を同期化します」にチェック。
CentOS25

5.Kdumpの設定だが、メインメモリが少ないと設定できない。
CentOS26

ここはスルーして「終了」をクリックするとインストール完了。
CentOS27

これで3で設定したユーザーでログインできる。
(基本的にrootでログインしないようにする。)

後はBIOSのブート設定を戻せば完了かな。

軽く触ってみたけど、やっぱCUIでの操作がところどころ必要になってくるな・・・
でもGUIだけで簡単に無線でネットにつながったし、なんとかなりそうな気もする。
出来るだけGUI操作で済ませられるよう頑張ろう。(頑張るベクトルが違う)


テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

カテゴリ
最新記事
アーカイブ
最新コメント
検索フォーム

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報
プロフィール

しらしら

Author:しらしら
購入予定アニメ
なし

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。